2013年03月31日

コードレス半田こて・・・電池大食いなので1セルリポ用に改造

先日秋葉原を散策していて千石電商でみつけた、コードレス半田こて(1980円)
単三電池4本仕様だが・・・
6Vでは2.7A、5Vでも2.3A、4Vで1.8Aと電池大食いのなのでコネクタを取り付けて1セルリポで使用出来るように改造した。
331handa1.JPG
こんな感じで押しボタンを押すと10秒ほど(1セルリポ使用)で半田が熔け使用可能状態になる
(押しボタンを押している間だけ通電し、手元LEDが点灯するがあまり明るくない)
331handa2.JPG


posted by yuta at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

ボタン打ち送信機&受信部のプログラム完成

ボタン打ち送信機と受信部のプログラム完成
322tx .JPG
322rx.JPG

この記事のプログラム
送信部のPIC16F683のプログラム
TX_4ch.hex
TX_4ch.C
受信部のPIC16F683のプログラム
ser_1ch.hex
ser_1ch.C

posted by yuta at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

これ何〜だ?

こんな物を作った・・・100均で買った2つの物をステン線で結合しただけ
224ripo1.JPG
ここに・・・これを入れて
224ripo2.JPG
こうして使います・・・
224ripo3.JPG
寒く冷たい、体育館で模型飛行機を飛ばすリポ電池を暖める入れ物です!
posted by yuta at 14:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

オリジナル送信機自作

今回自作した送信機2.4G、全備119g
106tx2.JPG
pic16f887のHEXプログラムTx_887sal.hex

posted by yuta at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

XBee(無線モジュール)でアナログ電圧を離れた場所でみる

結構苦戦したが・・・
やっと、XBeeでアナログ電圧を測定し、離れた場所でみれるようになった。

アナログ電圧0〜1.2vまで測定し、LCDに表示し、0.3v〜0.7vならLEDを点灯する。

測定用XBee
xbee2.JPG
表示用マイコンArduinoとXBee
xbee1.JPG
このマイコンのプログラムは簡単でわかりやすい!!!良くできている。

Arduino用のプログラムファイル
ad_lcd_led.ino

今度はマイコンでは無くパソコンにデータ取り込みグラフ表示したい・・・

posted by yuta at 14:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

XBee(無線モジュール)で無線制御

しばらく試行錯誤していたが、やっと1の目的通りに使えるようになった。
1.接点動作を離れた場所で知りたい
2.アナログデータを離れた場所で知りたい・・・これは今後

XBeeはシリーズ1でI/O Line Passig機能を使った・・・シリーズ2には無い

最初はこれを購入(シリーズ2のXBeeが付属)したが、目的は達成できず・・・難しい?
1213xbee1.JPG

次にこれを購入したが、目的は達成できず・・・
1213xbee2.JPG

パソコンかマイコンを使えば目的は達成出来そうだったのですが、・・・
シリーズ1を購入
1213xbee3.JPG

結局、インターフェイスを何も使わずシリーズ1のXBeeで一応目的は達成!!!
これからしばらくはXBeeで遊べそうです。

自宅では車の中にXBee (S1、PRO)を置き、家の中どこでも受信可能で隣3軒目くらいまでは問題なく受信できるが・・・
工場では(平屋建物幅20m位)横側でも裏側でも受信できなかった・・・電動機器があるせいか、鉄筋のせいか?到達距離が短い!!!


posted by yuta at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

2.4G送信モジュウル用送信機完成

ナインイーグルスプロポを改造しJRプロポ用2.4G送信モジュウル送信機完成
1030tx4.JPG

今までAVR(AT90S5535)と使っていましたが、今後PIC16F887を使うことにしたいので
プログラムを移植、手直し、完成・・・
やはりPICは少し癖(ページ切り替え)があり手こずりました(2週間くらい?)がROMは8Kワードと同じなのにPICの方はプログラムROM使用は64%で完成、同じプログラムでAVRはほぼ100%使用でプログラム追加不能でした。

回路図
TX_887.jpg
プログラム
リポ2セル用で6.6vで警報音
Tx_887.hex

posted by yuta at 13:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

SAL用送信機作成

片手で操作できるSAL用送信機完成
図面
SAL_TX.jpg
プログラム
sal_tx.hex

プログラム完成までの顛末
プログラム修正中に突然プログラムが動作しなくなる現象が出始めた?・・・
送信ユニットを付けないときは正常なのだが、何度か繰り返すとAVR(AT90S8535)が壊れた・・・2個ももうやだ〜(悲しい顔)
信号回路はトランジスタを介して(オープンコレクタ)接続していたのだが・・・(今まで作った送信機ではフタバ純正ユニットは問題なかった)
使った送信ユニットはIS−8F2.4GHzFHSSで初めて使った物。
結局、AVRからダイレクトに接続したら問題ないのでこのまま使う事にした。

posted by yuta at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

念願の両面パターン完成

手作りで作っていた制作依頼用の両面パターンがやっと完成。
なかなか時間が取れず・・・集中できず・・・やる気が起きず!!!
924ptn1.JPG
今まで両面感光基板で作って、穴あけまで完成するのに準備を含め1日かかった・・・ふらふら
このパターンでWEBで見積もり注文したら5枚で1枚あたり@4,016円・・・安い・・・
何に使うかは内緒?

組み立て完成すると、こんな感じ。
部品面
924ptn2.JPG
半田面
924ptn3.JPG




posted by yuta at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

ホンダフュウジョンのスパークプラグ交換

自分で部品交換はしていなかったフュウジョンのスパークプラグを交換してみました。
(22,000kmの今まで整備はすべて購入店まかせでしたが・・・)
今日整備を終わり、引き取りにいったらプラグがそろそろ寿命ですと言われ・・・交換してと言ったら在庫がない・・・との事で・・・
仕方なくバイク専門店でホンダ指定型番のプラグを購入(@472)、ついでにプラグ交換工具(@890)も購入しました。
プラグは真っ直ぐに回せないので購入した交換工具を使用しました。
630baiku1.JPG
購入したプラグ(NGK DPR6ER-9)にはギャップ調整してくださいと書いてあり、心配なのでフュウジョンのプラグギャップをインターネットで調べたら0.8〜0.9mmとの事でした、新品をノギスで計ったら0.9mmだったのでそのまま交換しました。
630baiku2.jpg
左が新品NGKプラグ、右が交換したデンソープラグ(付いていた物)。

・・・交換後、試験走行しましたが問題ないようです。







posted by yuta at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

フュージョン改造し下駄箱を取り付け

ツーリングし、町を歩くときにバイク用ブーツは硬くて歩きにくいので普段はき慣れた靴を積んで行くのですがBOXが狭いので・・・
新規に自作下駄箱を付けました。(透明2mm厚の塩ビ板と1mm厚の塩ビ板で加工し塗装)
606baiku1.jpg
最初、横からみて四角形にしたのですが膝が当たり狭く感じたので後側を斜めに再加工し台形にしました。

こんな感じで収納
606baiku2.jpg

それとツーリング中に携帯電話を充電できるようにUSB電源(5V)も増設しました。606baiku3.jpg


posted by yuta at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

5月18日、室内飛行会

西川体育センターにて17:30〜21:30。
飛行した機体(一部ですが)
518-1.jpg
518-2.jpg
518-4.jpg
tanabeさんの自作機体運搬箱と機体
518-5.jpg
518-6.jpg
518-3.jpg
飛行風景

posted by yuta at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

同時4本マルチチャージャー

最近手に入れた同時4本マルチチャージャー(¥8,925)です。
リポなら1セル〜6セルまでを同時に4個充電、放電できます(MAX5.0A×4)。
便利ですね!
1231chrage.JPG

1セルリポなら自作充電器で同時に9個充電できるのですが2セル、3セルになると同時に3個しか充電できませんでした。

(飛行機用の手持ちリポが3セル1300mA、2セル450mAでそれぞれ6個ほどあるので充電に時間がかかりすぎてしまうのでもう1台充電器がほしくて探していました。)

posted by yuta at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

Blade mcpx のテールブラシレスモーター用変換プログラム作成

Blade mcpxのテールモーターをブラシレスモーター用信号に変換するプログラムです。
メインはこれだけ・・・8KHzPWM信号を2KHzPWM信号に変換します。

void main()
{
long ADX;
set_tris_a(0x3b);
setup_adc_ports(sAN0 | VSS_VDD);
setup_adc(ADC_CLOCK_DIV_32);
setup_comparator(NC_NC);
setup_ccp1(CCP_PWM);
setup_timer_2(T2_DIV_BY_4,255,1);
setup_oscillator(OSC_8MHz);
enable_interrupts(GLOBAL);
while(TRUE){
set_adc_channel(0);
delay_us(10);
ADX=read_adc();
set_pwm1_duty(ADX);
}
}

HEXファイル
mcpxteal2.hex
posted by yuta at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

電池を節約

超音波歯ブラシを使っていますが(電池式)電池を節約するために交流電源式にしました。
713habu1jpg.jpg
電源内蔵(ばらせなかった)は難しかったので電池型のケースを挿入する事に・・・
713habu2jpg.jpg
これならいつでも電池式にもできるし・・・

回路図
3v電源.jpg
posted by yuta at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

ロードバイク用速度距離計改造

速度距離計とラジオを同じ場所に取り付けてAMラジオ(FMの場合は影響無いようです)を聞いていると、少し電波が弱いとノイズを拾ってしまう。
原因は5V電源に使った昇圧回路のようで、ノーマルな5V定電圧ICに交換した。
(リポは2セル7.4Vになってしまうが快適にラジオを聴けるようになった)

回路図
速度距離計.jpg
posted by yuta at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

ロードバイクにウインカーランプ取り付け完了



前はハンドルに
3088baiku2.jpg

後ろは荷台に(時々買い物に行くので荷台は必要で取り付け)
3088baiku1.jpg

前に台を取り付けて、ナビ(ほとんど音楽プレーヤーで利用)、FM/AMラジオ、を又速度計もここに移動した。(右サイドミラーも取り付け)
3088baiku3.jpg

実装して走ってみましたがウインカーランプの点灯時間50回繰り返し(約38秒)は長すぎるようで7回に変更しました。(足りなかったら又押せば良いので)

太陽が照りつける明るい時はこのLEDウインカーは認識度が薄いので手信号を併用した方が良さそうです。
曇や夕暮れ、夜は問題ないと思います。
(単三電池2個で長時間動作設計ですのでしかたないで〜す)

盗難防止の為、ナビ、ラジオ、速度計、ウインカーランプは全てワンタッチで脱着します。


posted by yuta at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LED(流れる)ウインカーランプ

ロードバイクにウインカーランプを付けたいので実験、完成。
使うのはこれ、ダイソーで100円。
7つの表示パターンがあるが、やはり自分で流れるようなパターンを作る事にします。
308LED1.jpg
カバーを外すとこんな感じで単三電池2本入る。
308LED2.jpg
基板を外すと。
308LED3.jpg
PIC10F222Tを2個使う事に決定し、改造完成。
PIC10F222Tは小さい!!!
308LED4.jpg

PIC12F683だと1個で済むのだがSLEEPにしても50マイクロA流れる??ので今回は止めた(SLEEPに入いらないようだ、解らず?)。
PIC10F222TはSLEEP状態ではほとんど0マイクロA(手持ちのテスター1まいくろAまで測定できる)なのでしかたなく222を2個使った。
2個使いですが2個ともプログラムは同じです、しかしなぜか少しタイミングがずれる物がある?が今回はこれで良しとする(4個完成)。
(タイミングがずれる原因が解らず?解ったら教えて!!!)
回路図
ロードバイク用ウンカーランプ.jpg
ソースファイル
uinka2.c



posted by yuta at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

ロードバイク用速度距離計V

使いやすいように改造しました。

積算距離計を追加、EEPROMに記録します。
227sp1.jpg
メモリリセット、リセットスイッチを付けました。
227sp2.jpg
改造ソースファイル
speed.C
改装回路図
速度距離計.jpg

今日も少し走ってみましたが30km/hまでは出せましたが少ししか継続できません!!!
筋力が続かない・・・

ロードバイクの事が良く解らず「ロードバイクテクニック初・中級」なる本を買ってしまいました。
早速に「サドル高」を設定し直しました。
スピードアップは筋力だけではなくテクニックも有るようです。
すこし本で勉強します・・・

続く・・・
posted by yuta at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。