2012年09月29日

SAL用送信機作成

片手で操作できるSAL用送信機完成
図面
SAL_TX.jpg
プログラム
sal_tx.hex

プログラム完成までの顛末
プログラム修正中に突然プログラムが動作しなくなる現象が出始めた?・・・
送信ユニットを付けないときは正常なのだが、何度か繰り返すとAVR(AT90S8535)が壊れた・・・2個ももうやだ〜(悲しい顔)
信号回路はトランジスタを介して(オープンコレクタ)接続していたのだが・・・(今まで作った送信機ではフタバ純正ユニットは問題なかった)
使った送信ユニットはIS−8F2.4GHzFHSSで初めて使った物。
結局、AVRからダイレクトに接続したら問題ないのでこのまま使う事にした。

posted by yuta at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/294709569

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。