2010年11月05日

FUSIONに搭載のラジオ交換

今までFUSIONにジャンクラジオ(1000円)を取り付け音楽を楽しんでいたが調子が悪くなり取り換えることになった。
カーショップで一番安いラジオを取り付けることにした。

これ・・・KENWOODの「E242」(パネル配線を改造後の写真です)
rajio1.jpg

しかしこれがなぜかパネルが脱着可能だ。
うれしい!!!
念願だった目の前にラジオが取り付け可能?かも
と言うことで20ピンの雄コネクタは両面基板で自作し、雌コネクタは作るのが面倒なので直接半田付けした。

自作雄コネクタ(ラジオ本体側)
rajio2.jpg

雌コネクタ部は直接半田付け(パネル側)
rajio3.jpg

カーラジオは大きく重いので足元の前に搭載していたのですが操作がしずらかったので目の前に搭載したいと思っていたのです。

操作しなければならない理由
カーラジオは電源が2系統(BATT、ACC)ありバイクではBATラインからバッテリーの容量不足からBATTラインから配線できない為、BATTラインからのメモリー機能が効かないので電源を切るたびに初期状態に戻るのです・・・なんで電源不要のメモリーを使用しないのかな?不満だ
今回の「E242」もやはり同じだ、改造の必要がある。



posted by yuta at 20:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168398431

この記事へのトラックバック

コートニー・ラヴ、自身が流失させた卑.わい物!
Excerpt: コートニー・ラヴ、自身が流失させた卑.わい物!
Weblog: コートニー・ラヴ、自身が流失させた卑.わい物!
Tracked: 2010-11-26 14:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。