2009年02月08日

FUSION&ヒーター入り手袋改造

ヒーター入り手袋はリポ電池を使っていたが時間と共に電圧が落ち暖かさも落ちるのでバイクのバッテリー(12V)から取れるように改造した、手袋は親指部分にヒーター?を追加した。
208-5.jpg

改造経緯
バイクと手袋はカールコードで結び自在に動けるようにする事にした。
208-3.jpg
1.まず手袋のヒーター抵抗値を測定した(3.7Ω)
2.以前使っていたヒゲ剃り用の充電器に付いていたカールコードの抵抗値は太くて重い方(灰色)0.3Ω
3.もう一方の軽い方(黒色)は1.0Ω
合計は10.0Ω(手袋2個で3.7×2=7.4Ω、2のコード2本で0.3×2=0.6Ω、3のコード2本で1.0×2=2.0Ω)
となり12Vでは少し電流が流れすぎる(MAX1.0A)!
208-1.jpg
電流を1Aとする為、あと2Ω分を手袋の親指部分に置き暖めることにした。
手持ちの12Ω抵抗を12本並列にしヒーターに直列に入れた(1.0Ωとなる)
208-2.jpg
これで両方合わせて合計12.0Ωとなり12Vバッテリーで1.0A流せる。
電流調整もしたいので4段切り替えスイッチを入れ、1A,0.72A、0.46A、OFFできるようにした。
(0.72Aは直列に5Ω、0.46Aは直列に15Ωを入れる)
更に切り替えスイッチの横にヘッドライトのOFFスイッチを取り付けた。
208-4.jpg

改造後
使ってみたが手袋の親指部分も充分暖かくなり快適だ、又ヘッドライトのOFFスイッチはエンジンをかけないで音楽を聴いたり、設定等するときにはバッテリーに負担をかけない為不可欠だ。


posted by yuta at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113899023

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。